どこまで勉強するのか

a man holding smartphone

ではインフラエンジニアになるためにはどうすればいいのか?まず必要な専門知識が何なのかという話になりますよね。インフラエンジニアとして活動するためにはやはりWEBサイトを構築する際に絶対使うことになるプログラミングスキルを覚える必要が出てくるでしょう。プログラミングスキルを習得するといっても、実際に覚えることは山ほどありますのですぐにマスターすることはどんなに頭が良い人でもまず難しいでしょう。たとえば完全に初心者が1から勉強していくのなら、HTMLの概念からまずは覚えてみてください。HTMLには表示させたい文章を打ち込んでいくことになり、さらにそこにタグと呼ばれるものを追加していきます。HTMLタグに関してはかなりたくさんの種類があるので、まず全部覚えることは諦めてください。重要なのはよく使われるタグをマスターすること。別に完璧を目指すことはありませんので、インフラエンジニアなら誰でも知っているような最低限の知識をマスターするようにしていけばOKです。そしたらあとはCSSなどの他のプログラミング言語も必ず学ぶようにしましょう。インフラエンジニアはすべてのプログラミング言語をある程度理解していないと務まらないので、感覚としてはどの言語も80%以上の理解度を目指してほしいと思います。特にサーバーに一番よく関わってくるphpに関する言語は重要なので、phpに関しては100%マスターすることをおすすめします。ここまで勉強できれば、もうインフラエンジニアになれたも同然です。