重要な立場です

a man surfing the web on the mobile phone

見事インフラエンジニアになったら、実際に仕事の流れとしてどうなるのか気になりませんか?何もインフラエンジニアの業界を知らない人はもしかするとずっとパソコンとにらめっこすることになると思い込んでいるかもしれませんが、実際にそれはありえません。コーディング作業をメインにしていくのはインフラエンジニアの仕事ではないので、また別の職業になります。ではインフラエンジニアがなぜプログラミングスキルに詳しくないといけないのかというと、たくさんのプログラマーに指示を出していかなければいけないからです。つまりインフラエンジニアは例えるならチームのリーダーという立場になります。人から言われたことをただ黙々とやり続けたい人はおそらく向いていない職業になるでしょう。逆に自分発信でいろんなことに挑戦したい人や、どんどん上を目指してたくさん稼げるようになりたいという人は、進んでインフラエンジニアになってみるべきだと断言します。また、あなたがチームのリーダーになってプログラマーをまとめるということは当然コミュニケーション能力も必ず重要になってきます。コミュニケーションがうまくできない人は残念ながらインフラエンジニアとして務まりません。また、インフラエンジニアの仕事の中には完成したものを毎日必ず正常に動いているのかどうかチェックし続ける必要があります。インフラ部分というのは24時間365日ずっと稼働していなければいけないものなので、少しでも不具合が出たり止まったりしてはいけないわけです。人の管理とインフラの管理の両方をしていかなければいけないのでとても大変ですが、もちろん見返りが大きいのでやる価値は十分にあると言えるでしょう。