方法が特に重要です

a man reading news on the smartphone

WEBサイトがどのように構築されて動くのか?ということも知る必要がありますので、インフラエンジニアになりたい人は実際にコーディングを進めながら勉強するようにしましょう。よく初心者がインフラエンジニアになるためにやってしまうのが、ただサイトや本などの情報を目で見るだけという勉強方法です。これはプログラミングに関係なく、勉強方法としてはまだまだ未熟だといえます。つまり、本気でプログラミングスキルを身につけようと思うのなら、必ず実践しながら情報収集をしなければいけないということになります。結局目や脳で覚えるというよりも、体に覚えさせていくのが一番最短最速でインフラエンジニアになれる方法になると言っても過言ではないでしょう。インフラエンジニアの場合はとにかく初心者にとってハードルが高いので、スムーズに素早く習得していくなら絶対に自分でコーディングをする必要が出てきます。まず方法なんですが、テキストエディタとWEBブラウザを最低限用意してください。これは両方ともパソコンにあるはずなので、すぐにでもコーディング作業を始めることが可能です。そして情報収集しながら実際にHTMLから書き込んでいきましょう。実際に書いたらあとはWEBブラウザを使い表示させ、どのような見た目になっているのかを確認しながらやり続けていってほしいと思います。特にこの際に大事なのはタグの意味を覚えることなので、最初は色々なタグを使ってWEBブラウザで確認していくと良いでしょう。自分で何度も何度も試しているうちに自然と体が覚えてくるようになります。